養育費はいつからいつまでもらえるか

離婚の際に色々と決めて置く事があります。
その一つに養育費があるでしょう。

 

onsen_m
養育費は子供を育てる側に支払います。
子供を育てる上で必要となるお金が養育費です。
しかし、養育費の金額や期間には特別決まりはありません。
大体は20歳までや大学を卒業するまでの間支払われる様です。
子供が仕事を行い、自分で食べていけるまでの間、支払うのが一般的でしょう。
養育費の金額も大体の目安はありますが、払う側の収入などによって左右される様です。
大体の目安は1ヶ月4~6万円になります。
ただし、収入があまり無かったり、逆に裕福な場合は金額も又、違ってくるでしょう。
例えば、子供を妻が引き取った場合に妻が再婚する事になったとします。
この時、夫の養育費を支払う義務が無くなったと思われがちですが、実は妻が再婚しようが養育費は支払わなければなりません。
妻が支払わなくても良いと言ってくるまでは毎月養育費を支払う義務があるのです。
この辺は勘違いしない様にしましょう。
自分の子供ですから、成人するまでは養育費を支払い、親としての義務を果たしましょう。
また、法外な金額の養育費を請求しても支払いが滞るケースもありますので、支払える金額を離婚の際にしっかりと決める事も重要です。

コメントは受け付けていません。