養育費はいくらもらえるか

子どもがいて離婚をする場合には、問題になるのが親権です。やはり双方が子どもを引き取りたいと考えることが多いので、かなり揉めることになります。それに比べて子どもがいない離婚では、それほど難しいことはないのです。

a0001_013081
その夫婦にもよりますが、一般的には母親のほうに連れていくことが多いでしょう。中には、母親がそれだけの役割を果たせない時や、病気、新たな家族との関係などで父親が引き取る場合もあります。
たいていは、引き取る方が子どもを育てるのに肉体的にも経済的にも負担がかかるので、引き取らない側が養育費の形で支払うことになるのです。これは別れるときに取り決めをしておきます。
養育費の金額の相場としては、一人あたり3万円程度での取り決めが多いようです。しかしながら、相手の収入がとても多い場合には将来的な部分も考えて、膨大な養育費になることもありますし、逆に収入が少ないとかないといった場合では、少額の取り決めをしてもなかなか支払いがされないといったこともあります。
実際には、きちんと払っていれば子供と面会できることも多く、払わないとか払えないといった人では支払いをやめてしまうといったこともあるのです。子供のことを考えれば、やはり養育費は重要なのです。

コメントは受け付けていません。