養育費を算定する方法

一般的に、有責度合いに関係なく、親権を得た相手に対して元配偶者は養育費を支払うことになっています。この養育費の算定は、支払う側の年収や子どもの人数、年齢などによっても異なりますが、一般的には専用の表があり、その範囲内で金額を決めるようになっています。もちろん双方が納得すれば一般の基準からはずれた額でも構いませんが、調停で話し合ってもまとまらないときには、この表を基準とした額での支払いに決定するケースが多いです。

camp_l
養育費の支払いは、基本的には分割で毎月支払われることになります。受け取る側としては途中で支払われなくなる可能性なども考慮して、一括での支払いを希望することも多いですが、まとまった金額になりますのでそれができるケースはそうそうありません。そのため、さらに金額を引き下げる代わりに一括での支払いに切り替えるといった和解をすることもあります。いずれにしても、これらの金額は子どものために支払われますので、受け取った側もそのつもりで使うようにしなければなりません。また、面会の取り決めなどもきちんとしておいて、子どもが不便な思いをできるだけしないように両親が揃って気をつけてやる必要があります。

コメントは受け付けていません。