養育費の支払いが滞った場合

日本では離婚率が高くなっていることによって、ひとり親家庭が増加傾向にあります。

 

ひとり親の家庭では、家計の担い手が家事や育児をしなければならないこともあって、経済的にも困窮してしまっていることが多いようです。子供を引きとった側は、子供と離れて暮らしている側から養育費を支払ってもらうことができるため、この養育費はひとり親家庭にとっては命綱ともいえるべき大切な収入減なのです。しかし日本では低い額であっても支払いを渋ったり、滞納していつしか支払わなくなる無責任な親も多く、これは許されるべきことではありません。離婚は大人の都合であって、そのことで子供たちが不利益を被るような事態があってはならないことです。

 

こういった態度には、断固として法的な処理を即刻行う必要があり、そのためにも離婚時における養育費も含めた取り決めは、きちんとした公正証書として書面に残しておくことが重要です。養育費は親として支払わなければならない義務があり、子供にはそれを請求する権利があります。家庭裁判所に申し立てを行えば、相手の給料が振り込まれる銀行口座を差し押さえることも可能です。こういったことは、弁護士などに相談したほうが敏速に対応できます。

コメントは受け付けていません。