養育費の支払い方法

夫婦が離婚した場合、ほとんどのケースでは子供は母親に親権が渡ります。
そのため、父親が養育費を毎月支払うということが多いようです。
また、毎月ではなく、一括で支払うこともあり、その場合はかなりの大金となります。
このように離れていても、きちんと父親としての義務を果し、子供のためにお金を払う父親もいれば、中には全くお金を払わない場合もあります。
そのような時には、裁判となり、父親に不倫などの問題があった場合には、裁判所から子供のお金を支払うように判決が下りますが、酷い時には、父親がそのまま行方をくらますこともあるのです。

 
そういう場合は、諦めるしかありませんが、やはり子供の父親となった以上は、きちんと子供には不自由の無いようにしなくてはいけません。
たとえ少なくても毎月お金をきちんと払い、子供のために使うことが大事です。
また、簡単に離婚するのではなく、夫婦で沢山話し合って解決方法を見つけましょう。
子供には、父親と母親のいる家庭こそが幸せであり、お互いに父親と母親の責任を果してこそ家族として機能します。
どちらか一方に偏っていると、やはり無理が生じますので、互いに思いやり、子供のためにも良い家庭を築くようにしましょう。

コメントは受け付けていません。